マンション投資・経営とは?

節税対策としてのマンション投資

2013年の税制改正により相続税の非課税枠である「基礎控除」が大幅に下げられました。 税制の改正前と改正後では40%この「基礎控除」が下がりましたので、 相続税の対象者割合が約4%から改正後は、約8%程度増えたと言われています。 節税の対策方法は多く存在しますが、基本的に現金資産をそのまま相続するか、 不動産に代えてその評価額によって相続をするかによって大きな差が生まれてきます。

節税効果が期待できます

現金を相続する場合は額面金額がそのまま相続税評価額となりますが不動産は路線価や固定資産評価に基づき用途ごとに相続税評価額が算出され、さらに貸家の評価は自己居住用評価よりも低くなるため、相続税の軽減につながります。また管理費や修繕費、建物減価償却費、固定資産税、ローン支払い利息などの必要経費は所得の控除対象となるため、相続税の軽減のみでなく、所得税の節税効果も期待できます。

LEGALANDの相続税評価例※当社が開発した案件を参考に算出しています。

節税効果が期待できます

税務窓口のご紹介

私どもリーガル不動産では、マンション投資経営をご検討されている方々の税務や節税対策などのお悩みにお応えするために税理士による専用の「税務相談窓口」を設けています。お気軽にご相談ください。

【会員様(オーナーズ)サイト開設のご案内】

ホームページのリニューアルに伴い会員様サイトを開設いたします。

  • 開発中のLEGALANDを優先的にご案内
  • 過去物件に関する詳細情報のご案内
  • 物件のご紹介やその他セミナーのご案内
  • 専任税理士による税務ご相談

他にも投資用不動産のご購入を検討されている方への 有益な情報を掲載いたしますので、奮ってご参加ください。

会員様サイト入口
はこちらから

登録料・年会費無料